スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 ダニ退治

<<   作成日時 : 2005/02/16 23:32   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像
1/5のゴム夕イヤは、1/10等の夕イヤと比較してかなり固く、夕イヤ温度が低い時には全くと言って良い程グリップしてくれません。
走行させるためにピットロードにマシンを置き、アクセルを握った瞬間にクルリとスピンすることも珍しくありません。
恐る恐る走りながら夕イヤを暖めますが、適温になるまでの間に良くぶつけてしまいます。。。

1/10と同様に専用の夕イヤウォーマーは販売されており、特にこの時期には有用なのですが、価格が張るのと、FG−Cupのポルシェクラスでは使用が禁止されていることもあり、私は買ってません。

安価であれば、練習時にも重宝するので買いたいのですが。。。


と、ここでひらめいて買ったのが、写真の電気毛布です。
これなら夕イヤ4本と言わず他の人の夕イヤも一諸に暖められ、何より価格が安い!
なんと、ドンキホーテで1980円也!

早速、先日のSRCJさんの走行会で実戦テストをやってみました。
何人かの方に声を掛け、8本ぐらいの夕イヤを電気毛布でくるんで待つこと30分。
おおーっ、暖まってる暖まってる(^o^)

期待してマシンに取リ付けて走行してみると。。。いつもとあまり変わらず即スピン???
電気毛布を使わない時よりは、タイヤが暖まる迄の時間は短いのですが、なんだか表面だけで夕イヤの中までは暖まっていないみたい。。。

その後、毛布の温度調整や夕イヤの包み方をいろいろと試行錯誤してみました。

[結論]
●温度調整
最高の「ダニ退治モード」が一番温度が上がりGood。
10分ぐらいで50度強で安定します。

●時間
40分ぐらい。
冷えた夕イヤも20分ぐらいで温度が安定するので、お好みで。
因みに計測した結果を下に記しておきます。
時間 夕イヤ温度
-----------------------------
  0分           15度
  10分           27度
  20分           35度
  30分           38度
※外気温は約10度

●巻き方
巻き寿司を作る時の様に(作ったことはありませんが。。。多分)、トレッド全面に毛布をピッタリ当てて巻きます。ピッタリ当てないと、暖めムラができます。

●その他
やはり毛布なのでバッグに入れる等して、直接風があたらない様にしないとうまく温度が上がってくれません。

と言うわけで、以上の様な使い方で、走り始めから1・2周でほぼ満足できるグリップが得られる様になりました。 恐るべし、ドンキホーテ。。。
宜しければ、試してみてください。
(本来の電気毛布の使い方とは異なりますので、自己責任でお願いしますね)


ところで、この電気毛布ってFG−Cupのポルシェクラスで使っていいのかな?
あっ、あくまでも、これってタイヤの「ダニ退治」の為に使うんですけど(笑)
やっぱり、レギュレーション違反ですかね? > FORMのS藤さん

って、レギュレーションの主旨から考えて駄目ですね。。。八イ

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
なぁるほど・・・。
走行会の時キーマックさんが走行が終わるたびにタイヤを外していたのは、このためだったんですね。
しかし、電気毛布とは・・・。ナイスアイディアですね。頭が下がります。
週末、早速ドンキーホーテに行ってきます。
hi64-kun
2005/02/17 00:35
>週末、早速ドンキーホーテに行ってきます。

「タイヤウォーマーください」って言ってもダメですよ〜(笑)

ではでは
キーマック
2005/02/17 12:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 ダニ退治 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる