スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 雨対策

<<   作成日時 : 2005/11/08 18:58   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像
最近、週末は雨が多いですね〜
先日のFG-Cupスペシャルも、そしてその前の岩手も雨でした。

でも、1/10等の場合は雨天中止ですが、1/5の場合はレインタイヤがあるから雨天決行。(荒天は違いますが)
折角、何日も何週間も前から準備したのに、雨ごときで中止になるのは残念ですから、個人的にこの点は非常に嬉しい限りです。
(勿論、雨が降らないに越したことは無いですが・・・)

雨天でも楽しく(?)走れる小技をいろいろと教えてもらいましたので、纏めてみました。
ご参考まで


【レインタイヤ】
 先ずは何と言ってもタイヤですね。
使う機会があるのかどうか判らないので購入を躊躇ってしまいますが、是非お勧めです。
これがあるだけで、雨天レース時の憂鬱さが豹変します。

レインタイヤにも3種類のコンパウンドがあります。
@ミディアム (50)
Aソフト (100)
Bスーパーソフト (200)

通常は、50と100で十分との事なので、私はこの2つを揃えました。
因みに、200だと降雪時のシャーベット状のコースでもグリップしてくれるそうです。



使い方としては、
・路面が濡れている
  F-ドライタイヤ、R-ソフト(100)
・水溜りがある/ひどい降雨
  F-ミディアム(50)、R-ソフト(100)
で良いそうです。


〔使用感〕
FG-Cupスペシャルの2日目の予選で使ってみました。
コース上に水溜りが幾つかある状態だったので、F-ミディアム(50)、R-ソフト(100)で準備。
しかし、自分の番になる頃には路面も乾いてきたので、F-ドライタイヤ(G)、R-ソフト(100)に変更してスタート。
う〜ん、なんかこう言うところが実車らしくていいですね(^_^;)



ワクワクしながら走り始めると・・・
あれぇ〜、何周走ってもマシンがクルクルとスピンの連続(;_:)
折角レインタイヤ付けたのに、これじゃドライと変わらねぇ・・・

結局、トップから4秒落ちで予選終了・・・



スーパーソフト(200)が良かったのかな???
って、マシンを良く見ると・・・タイヤの向きが逆だぁ〜!!!
(二つ上の画像のリヤタイヤ)

そう、レインタイヤは水捌けを良くするために溝が彫ってあるのですが、向きを間違えているので逆に水を掻き集めてる・・・(;_:)
これじゃスピンするはずですね。

と言う訳で、全然参考にならない使用レポートでした(^_^;)
取り付ける際には、向きに注意しましょうね〜


【防水ガード】
 先日パドックをふらついていて見つけたのがエリマキトカゲ!・・・じゃなくて、でっかい防水ガードが前後に取り付けられた1台のマシン。



Pe-Katochanさんのマシンなんですが、メカデッキやエアクリーナーに水がかかるのを防ぐためのガードが付いてました。
大降りの雨の中のレースでも、見事ノートラブルで完走できたそうです。
ここまでやれば完璧ですね。


【水抜きパイプ】
 そして、これもPe-Katochanさんのマシンですが、エアクリーナーに開けた水抜きの穴に、ガイド用のパイプが付けてありました。
下から巻き上げる水やタイヤカスがエアクリーナーに入るのを防御してくれるらしいです。



いつも思うのですが、Pe-Katochanさんって、ホント「小技の総合商社」って感じですね(笑)
感服です。


【ケミカル類】
 私が使っているのは、右側の「CRC-666」です。
マリーン用の防錆・防滴のスプレーで、吹きかけるだけで水の浸入を防いでくれます。
サーボやポンダー等に、タップリ吹きかけて使ってます。



 そしてFG-Cupスペシャルの時に、しん@SRFちゃんから教えてもらったのが、左側の「換気扇リパック」(以下、リパック)です。
このリパック、換気扇等に塗っておくと膜状になり、油汚れが付いても後でぺりぺりと剥がす事ができ、換気扇自体が汚れないと言う優れ物です。
つまり、これをメカ類に塗って防水し、レースが終わったら剥がして帰るって訳です。

貴重な技を教えて頂き、ありがとうございました〜 > しん@SRFちゃん


〔使い方〕
 レースでいきなり使うのも気が引けたので、受信機ケースで試してみました。
(画像は、リパックを塗る前)



 リパックの蓋の裏にはハケが付いているので、手を汚すことなく塗ることができます。
受信機ケースの継ぎ目やアンテナコードの出ている穴等にベタベタ塗ってみました。
塗った部分は、ニスを塗った様にテカテカしてますね。



正直、塗ってる最中は、「後で剥がれなかったらどうしよう・・・」って不安でした(^_^;)
コツとしては、不安に負けず思いっきりタップリと塗ることです。
中途半端な塗り方すると、逆に剥がしづらく防水効果も望めません。

時間を計ってみたのですが、約40分で硬化しました。
こんな短時間で固まってくれると、レースの時に助かりますね。

恐る恐る端から剥がしてみると・・・おお〜っ、膜になって綺麗に剥がれるぅ〜!
まるで塗装後のボディ保護カバーを剥がす時の様な気分(^。^)
これだけの膜ができていれば、防水効果もバッチリですね。





【アンテナキャップ】
 これも、しん@SRFちゃんから教えて頂いたのですが、見落としがちなのがアンテナだそうです。
キャップを付けていない状態(下の画像)だと、パイプとアンテナの間の隙間から水が入り込み、パイプを伝って受信機ケースの中に水が入ってくる事があるそうです。
う〜ん、ここは盲点でしたm(__)m





と言う訳で、これで雨天レースが楽しみですね。
って、それより照る照る坊主作るのが先かな?(笑)

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
レインタイヤの威力はNASSCARで痛感しました。
レポート参照。
telly
2005/11/09 03:05
レポート読みましたぁ なんかスゴイ展開になってたんですね
私も防水対策&レインタイヤは真剣に考えておかなければ!
しかしレインタイヤすごいですねぇ(^^;
モンガ
2005/11/09 09:35
雨でも、止まらないエンジンは必要条件です。
2回目ですが、学習できない。
タイヤ+メカは、ばっちりだったのだが ? 完走してないので。
T尾
2005/11/09 11:12
次回SRCJレースは”晴れ男”仕事にて不在ですので
雨天準備は必需ですね!(^^:
オイラも必要ないかもしれないけど雨天用防具をつくろうっと!
だんごまん
2005/11/09 11:52
tellyさんへ

レポート拝見しました〜。
見てて、すげぇ〜、どひゃ〜の連続(^_^;)
1/5のボディって、あんな風に真っ二つに割れるもんなんですね。
いやはや凄まじいレースだったみたいですね。出たかった・・・

参加された方にとっては、雨のレースで大変だったと思いますが、
濡れた路面を水しぶきを上げながら走るNASCARってかっちょいいですね。
路面に車体が映ってるのも最高です。

う〜ん、雨のNASCARに出たくなってきた・・・(笑)

ではでは
キーマック
2005/11/09 19:23
T尾さんへ

>雨でも、止まらないエンジンは必要条件です。
>タイヤ+メカは、ばっちりだったのだが

エンジンの雨対策って何が必要なのか判りませ〜ん(^_^;)
ミスファイヤ起こすんですか?
知りたい、知りたい・・・です(^_^;)

ではでは
キーマック
2005/11/09 19:25
モンガさん、だんごまんさんへ

レインタイヤは1/5では必須ですよ。
最近、雨が多かったから品薄になってるかも知れないですよ〜
直ぐにEDOGAWAへ連絡してくださ〜い(笑)

今度、雨の中でもバトルしましょうね。

ではでは
キーマック
2005/11/09 19:27
あれ・・なんで売り切れてるの知ってるんですか・・・
さいとう
2005/11/11 18:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 雨対策 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる