スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紹介】 タイヤウォーマーの実践@ (温冷蔵庫編)

<<   作成日時 : 2006/02/02 09:04   >>

トラックバック 0 / コメント 4

来週に迫ったカレラカップに参加しようと思っていますが、タイヤウォーマーの事で頭が一杯で、肝心のマシン製作(カレラGT:10mmプレートクラス)が全然はかどってません。
そこで、とうとう「タイヤウォーマー」を購入しちゃいました。
と言っても、購入したのは「温冷蔵庫」ですが・・・(^_^;)


【製品仕様】
・容量 16リットル
・電源 AC100V/DC12V

画像

庫内は仕切り板(取り外し可能)で上下に分割されており、扉の裏にはポケット(同左)が付いてます。
この機種の場合、上部の奥が出っ張っていて、下部の半分ぐらいの容量しかありません。

画像



【使い方】
 背面にある2つのスイッチで、電源(AC/DC)と保温・冷却の切り替えを行います。

画像

付属の説明書を読むと、以下の様な事が書かれています。
 ・庫内温度は外気温に左右される
 ・最高温度に達するには1時間ぐらい掛かる

まぁ、この説明書のグラフのとおりなら、そんなに支障は無さそうですね。

画像

因みに、説明書には「保存に適さないもの」として、ビン類や生鮮品などが挙げられており、「タイヤ」は適さないものとしては書いてありません・・・(笑)

画像



この「タイヤウォーマー」をレースでいきなり使うのは流石に心配だったので、使い方等を習得するために、いろいろとデータ取りを行ってみました。

【測定@:タイヤの加熱】
 タイヤの加熱時間と温度の推移を測定してみました。

●条件・環境
 ・外気温 : 18度
 ・開始時点温度 : 庫内・タイヤ共に、外気温と同じ状態から測定開始
 ・計測間隔 : 30分毎に計測
 ・その他 : 計測時に各タイヤを120°づつ回転させる
   ※庫内の奥から温めるタイプなので、回転させないと温度のムラが大きいため

画像

●測定結果
 温度と時間の推移は、下のグラフの様になり、以下の事が判りました。

  ・時間の経過と正比例して温度が上昇する
  ・上段 : 目標温度(50度)まで約1時間半掛かる
  ・下段 : 2時間経っても目標温度に達っしない(約40度)

画像

因みに、タイヤの表面だけ温まってるんじゃないかと疑い、トレッドを切ってインナーの温度を測定してみました。
結果は、トレッドが46度の時にインナーが43度だったので、ちゃんと中まで温まっているみたいですね。
って、間違って未だ使えるタイヤを切っちゃった・・・(-_-;)

画像

●考察 (タイヤウォーマーとしての使い方)
@タイヤは上段に集める
 機種によって熱源の位置が違うと思いますので、その位置を調べた方が良いと思います。
と言うことで、この機種の場合は、下図の様な温め方になると思います。
下段は缶コーヒー用かな?

画像

因みに、熱源の温度を測ってみると、やはり最上部が一番熱いのが判ります。
って、最下部には熱源が無いのかな・・・

画像

A保温中はタイヤを少しづつ回転させる。
 条件のところで書きました様に、回転させないと温度のムラが大きくなります。

B保温中の扉の開閉は最小限にする。
 当然の話ですね。


【測定A:タイヤの放置】
 温冷蔵庫式のウォーマーの場合、温めた後にタイヤを取り出してマシンに取り付けると言う作業/時間が必要になります。
そこで、温冷蔵庫から取り出した後の温度低下の推移を計測してみました。

●測定結果
 結果は下図のとおりです。
ウォーマーを使っての効果を享受できるのが40度以上だと考えると、4分ぐらいが許容時間でしょうか。

画像

●考察 (タイヤウォーマーとしての使い方)
@取り出したら6〜7分ぐらいの間にタイヤをマシンに装着し走り始める
 インナーが十分に温められている事を考えると、作業に掛けられる許容時間は、もうちょっと長めで6〜7分ってとこでしょうか。
う〜ん、忙しそう〜っ!


【測定B:タイヤの再加熱】
 「測定@」は、温冷蔵庫もタイヤも冷たい状態からのテストでしたが、走行後のある程度温まったタイヤを予め保温しておいた庫内に入れた場合の温度推移を測定してみました。
要は、予選1回目が終了して2回目に備えてるってな状況の想定です。

●条件・環境
 ・外気温 : 18度
 ・開始時点温度 : 庫内=約60度 、 タイヤ=28度
 ・計測間隔 : 5分毎に計測
 ・その他 : 計測時に各タイヤを120°づつ回転させる

●測定結果
 5分後で既に55度まで温まりました!
って、インナーまで温まってるのかな?

画像

●考察 (タイヤウォーマーとしての使い方)
@走行後のタイヤは直ぐに取り外してて温める
A温め開始から30分弱で使用可能
 測定結果では5分で55度まで上がりましたが、インナーまで十分に温めるためには、やはり30分ぐらいは保温した方が良い様に思えます。


以上、非常に信頼性の低い計測ですが(^_^;)、タイヤウォーマーとしての機能は果たせそうだと感じられました。
電源もDC12Vに対応しているので、車のシガーソケットを使ってサーキットに向かいながらタイヤを温めていけば、朝一の走行にも十分に利用可能だと思います。
う〜ん、恐るべし、温冷蔵庫ですね。

このアイデアを教えて頂いたSamさんに感謝です。
ありがとうございました〜。 > Samさん

でも「スケールな生活」を目指しているので、いずれは専用品を自作しようと考えてます。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜 キーマックさん、お買いになったのですね

僕は思いつきで部屋の中でタイヤを放り込んでみて「おっ、結構暖まった!こりゃ使えるワイ」とロクロク調べもせず、現場に持って行って使用しただけだったのですが(恥)
さすがに、キーマックさん!徹底した「性能チェック」そして「分析」素晴らしいです非常に参考になりました、ありがとうございました。

ケイチューンのテーブルに「温冷蔵庫」がズラリ!と並んだりして、、、
Sam
2006/02/02 10:14
すごすぎる・・・
ホイール温度はどれくらいになるのかな?たいして支障はないでしょうけど。
インプレッション期待してます。
I藤
2006/02/02 10:55
Samさんへ

>わ〜 キーマックさん、お買いになったのですね

買っちゃいました〜。(イトーヨーカ堂で)

>徹底した「性能チェック」そして「分析」素晴らしいです非常に参考になりました、ありがとうございました。

こちらこそ、ありがとうございました。
Samさんから初めて「タイヤウォーマー」を見せて頂いた時から、「コレだっ」とビビっときてました(^_^;)

>ケイチューンのテーブルに「温冷蔵庫」がズラリ!と並んだりして、、、

温冷蔵庫に加えて布団乾燥機も並んじゃったら・・・
う〜ん、電気屋さんみたい(笑)

ではでは
キーマック
2006/02/02 23:34
I藤さんへ

>ホイール温度はどれくらいになるのかな?

恐らく、基本的にはタイヤと同じぐらいの温度になるんじゃないでしょうか。
多分支障は無いと思いますが・・・

>インプレッション期待してます。

今度のカレラカップで試してみますね〜。
って、I藤さんも「温冷蔵庫」買うの? (笑)

ではでは
キーマック
2006/02/02 23:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【紹介】 タイヤウォーマーの実践@ (温冷蔵庫編) スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる