スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 ロールケージの作り方 (カレラGT編)

<<   作成日時 : 2006/02/08 12:39   >>

トラックバック 0 / コメント 4

パイプカットしちゃいました〜。もう、病み付きで〜す。
えぇ〜っ!?

いや、その・・・あのパイプカットじゃなくて、パイプのカットの事でして・・・
うぅ〜、深みにハマって行く〜(笑)

カレラGTのルーフは、他車種のそれと比較してかなり低い位置にあります。
エアクリーナーがルーフに当たるので、一部をカットするぐらいですね。
このままだとマシンが転倒した際に、エアクリーナーやそれに繋がるキャブレターを破損する可能性が高いと思われ、ロールケージの取付が必須の様です。

と言う訳で、私のマシンにもロールケージを取り付けてみました。
カレラGT用のロールケージ・セットは販売されていないので、他車種用を流用して自作しましたので、これを紹介します。


【外観】
 2本の支柱と、1本のサイドパイプで構成してあります。
向って左側にもサイドパイプを付けた方が強度が上がると思います。
私の場合は手抜きで1本だけ・・・(^_^;)
画像

横から見ると、こんな↓感じです。
画像



【準備するもの】
@ロールケージ・セット(他車種)
 このセットって、結構高価なんですよね。(約8000円)
そこで私は、911GT2のロールケージを引っ剥がしてこれを加工しました。

付属の樹脂パーツさへなんとかなれば、ホームセンターで売っているアルミパイプで作れるのですが・・・
画像

Aパイプ・カッター
 ロールケージのパイプを切断する工具です。
パイプはアルミ製なので、糸ノコでも切れると思いますが、この工具がある方が綺麗に簡単に切断できると思います。
ホームセンターで600円ぐらいで購入しましたが、100円ショップでも310円(!)で売っているそうです。
画像



【製作】
 ※注 前述の「911GT2用のロールケージ・セット」の流用を前提にしてます。他車種の場合は、若干追加の加工が必要になるかも知れません。

(1)採寸
 ロールケージの高さや幅を決めなければいけないのですが、これが超面倒なんですよね。
シャーシにボディを被せて、下から定規を差し込んで、あ〜でも無いこ〜でも無い・・・(+_+)
当初は「こりゃ、面倒だわ。こんなんだったら止め様かな・・・」と挫折しそうになった程です。(^_^;)
その後、先駆者のカレガJBさんやFORMカーの現物を見せてもらって、かなり助かりました。感謝です。

結局、決めなければいけないのは、
 a. トップのパイプとエアクリーナーの前後方向の関係
 b. トップのパイプの長さ
 c. トップのパイプの高さ
の3つだけ、と言うことが最終的に判りました。(^_^;)

と言う訳で、上記3つは以下の様にしてます。

a. トップのパイプとエアクリーナーの前後方向の関係
 上から見てエアクリーナーの前端にトップのパイプが重なる様にしました。
画像

この位置だと、ボディを付けた時に窓からはロールケージの支柱が下の様に見えます。
画像


b. トップのパイプの長さ
 二つ上の画像のとおりです。

c. トップのパイプの高さ
 シャーシ裏面からの高さは下のとおりです。
ボディマウントの「しなり」を考慮すると、本来はボディーマウントからの高さで決めるべきだと思いますが、そこからの高さって測るのが面倒なんで止めました。(^_^;)
画像

(2)トップパイプのカット
 トップパイプを採寸した長さ(b.)にカットします。

@パイプカッターへパイプをセット
 パイプを切断する位置をマジック等でマークしておき、カッターの刃がそれに「軽く」当たる様にパイプをセットします。
画像


Aパイプのカット
 パイプをゆっくり回転させ、カッターの刃でついた線が綺麗に1周する事を確認します。
 以降はパイプを回転させては刃を深く入れ、回転させては深く入れるの繰り返しで綺麗にカットできます。

B面取り
 パイプのカット面にはバリが付いていますので、これを取り除きます。
バリが付いたままだと危険ですし、内径が小さくなっているので樹脂のジョイントパーツを入れ辛くなります。
画像

カッターの横にリーマーが付いてますので、
画像

これにパイプの切断面を押し当てて、グリグリとパイプを回すだけでバリ取りができます。。
画像

(3)仮組み
 トップパイプ、これを両サイドから支える支柱(2本)、ロールケージ・マウントを組み、マシンに取り付けます。
この状態で、トップパイプの位置(a.)を合わせ、シャーシ底面からトップパイプまでの高さを測ります。
測定した高さと前述の「c.」の差が、支柱をカットする長さになります。

(4)支柱のカット
 トップパイプのカットと同様にカッターで切断します。

(5)サイドパイプの製作・組み立て
 切断済みのトップパイプ、支柱を再度マシンに組み付けます。
あとは、これを支えるサイドパイプを現物合わせで取り付け位置や長さを決め、必要に応じてカットし製作します。

取り付けは付属の樹脂パーツを駆使すればなんとかなると思います。(^_^;)
因みに、サイドパイプのシャーシへの取り付けは、ボディマウントの中ほどの位置に、バッテリーホルダーのマウントパーツを加工・流用しました。
画像

全てのパイプ類を組み立てて完成です。


【失敗談】
 慎重に採寸して支柱のパイプを切断したものの、短く切りすぎたりしました。
でも大丈夫。見栄えを気にしなければ、長くしたい分のパイプを作って、これを継ぎ足してしまえばOKです。
雰囲気、雰囲気! (^_^;)
画像



う〜ん、説明し辛いですね〜。
判り辛くて、すいません。

しかし、このパイプカッターって本当にスグレモノですよ。
パイプカットが病み付きになっちゃいました。
って、また言っちゃった。(笑)

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
キーマックさんへ
パイプカット〜ってロールバーの事でしたか!ヤレヤレ!!
さすがキーマックさんの加工は解説文付きでよ〜く解りますね。
私も自作しました!チョット違うバージョンですがマフラーがカスカス邪魔な所に有って苦労しましたョ〜! パイプカッターはと〜おい昔に買ったのを初めて使いましたけど切れ味抜群ですね!

ドライバーの取り付けステーはどうなっているんでしょうか?良い感じですね!私は未だドライバーが乗っていないもんで・・・!これから頑張らないとテリーさんに叱られてしまいますから〜!頑張ります。
マウス
2006/02/08 21:25
マウスさんへ

>さすがキーマックさんの加工は解説文付きでよ〜く解りますね。

そうですか、理解して頂けましたか・・・ちょっと不安でした。

>パイプカッターはと〜おい昔に買ったのを初めて使いましたけど切れ味抜群ですね!


おお〜っ、マウスさんも「パイプカット派」ですか。(笑)

>ドライバーの取り付けステーはどうなっているんでしょうか?

ステーは介さずに、燃料タンクにウレタン材を台座として両面テープで貼り付けてます。
(タンク−両面テープ−ウレタン四角柱−両面テープ−人形)

完成楽しみにしてますね〜。頑張って下さい。

ではでは
キーマック
2006/02/08 23:41
★★★ ライトの取付方法を追加 ★★★

 昨日掲載した記事「2006年モデル (カレラGT編)」に、ライトの製作方法を簡単ですが追加しました。

宜しければ、こちらもまた見てください。
http://keymac016.at.webry.info/200602/article_3.html

ではでは
キーマック
2006/02/08 23:43
キーマックさんへ

カレラGTのライト取り付け方法拝見しました。「雰囲気〜雰囲気!」工法が段々理解できてきました! 今頃・・・激戦中のテリーさんにも感謝・・感謝です。

ドライバーがタンクに直付けとは大胆ですね!振動で取れませんかね!強力両面テープを信じるしか有りませんね! やってみます!easy! easy! 雰囲気ですね!
マウス
2006/02/09 00:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 ロールケージの作り方 (カレラGT編) スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる