スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 ボールエンドの抜け防止

<<   作成日時 : 2006/06/20 21:16   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前にも書きましたが、予選は早く走るもの、決勝は遠くまで走るものと思ってます。
と言う訳で、決勝の時は多少不具合が出ても、走り続けられる様に自分なりに工夫してます。

以前に、だんごまんさんがレースの時に右リヤのトーアジャストエンドがボールから脱臼した事がありました。
こう言うケースって結構ありますよね。

※下の画像は、だんごまんさんからお借りしました。
 すいません、後付の報告で・・・m(__)m > だんごまさん




こんな時にも走り続けられるように工夫してみましたので紹介します。
って、Pe-Katochanさんが施されてたのを真似しただけですが・・・(^_^;)



【準備するもの】

ワッシャー(内径5mm、外径16mm、厚さ1.6mm) × 4枚
  ※ホームセンターで1枚10円でした。






【取り付け方法】

@アッパーアームの取り外し

 アッパーアームを取り付けているボルトを緩めて抜き取ります。
アッパーアームのボールの下に付属の小さなワッシャーが1枚挟んであるので、これを無くさない様にしましょう。




Aワッシャーの取り付け

下から、アップライト→付属のワッシャー→アーム→ワッシャーの順に組んで、@で外したボルトを締め付け直します。

取り付けたワッシャーがアームのボールより大きいので、アジャストエンドがボールから脱臼してもアームが外れない、って訳です。




ホイールを付けて裏側から見ると、ホイールとボルトの間は狭まってます(ワッシャーの厚みだけ上に突出)が、大丈夫そうですね。
って、本当に大丈夫か週末にテストしてみます。(^_^;)






と言う訳で、これでレースの時に脱臼しても、少しは長く走れる様になった気がします。

マシンをいろいろ見渡してみると、まだまだ工夫できそうなところがありそうです。ふぅ〜。
って、そんなところがエコの楽しみの一つかも知れませんね。

ps この対策はFG-CupでもOKであることを確認しています。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
オイラもうそれやってまーす。良かったレギュ通って。
激しくイクと今度はロッド付け根が曲がるです(^^:オキオツケテ。
だんごまん
2006/06/20 22:36
うーん微妙ですね・・・俺みたく激しく当たるのには奥まで逝ってしまいそうで怖いですぅ樹脂エンドは私には無くてはならない ヒューズ でございますです、はい
しん@SRF
2006/06/21 17:23
今日走りに行って、ボールエンド中のターンバックルが
終わった所からポッキリ折れました(ーー;)
やはり樹脂エンドは最高のヒューズですねぇ〜!
普段は前後共、どこか1ヶ所は力を逃がすところを作っとき
ましょう! 【レース時は別ですけどね(^_-)-☆】
Pika酎
2006/06/21 21:19
なるほど・・・

樹脂パーツはヒューズ的機能も果たしているって事ですね。
普段はワッシャーを外しておいて、レースの時はワッシャーを付けるのが良さそうですね。

って、そんな面倒な事は絶対やらないんだろうなぁ・・・(^_^;)

ではでは
キーマック
2006/06/22 00:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 ボールエンドの抜け防止 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる