スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 ダンパーのエア抜きの方法

<<   作成日時 : 2006/09/04 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

1/5RCのダンパーのエア抜きが、簡単になりました〜っ!
おお〜っ、楽ち〜ん!

1/5RCのダンパーオイルって固い(2000〜10000番ぐらい)のでエア抜きに時間が掛かり、勝手に「1/5はそんなに神経質にならなくていいや!」と思って、エアが抜けきらない状態でダンパーを組んでました。(^_^;)

先日、RCショップで1/10RC用のダンパーのエア抜き工具を見て、1/5にも使えそうだと思い購入し試してみましたので紹介します。



【準備するもの】

・ダンパーオイルエアリムーバー(ロング) : タミヤ製

「ダンパーオイルエアリムーバー」は今や1/10RC等のダンパーオイル交換時には必須のアイテムですね。





以前から販売されていたのですが、これまでのものは1/5RCのデカイダンパーで使えませんでした。
最近はオフロードRCが大人気ですが、これらに対応するために「ロング」タイプが発売されたのかも知れませんね。

中身は大きく2つのパーツから構成されています。





右の容器にダンパーを入れ、左のピストンを使って中を真空(に近い状態)にします。
すると、ダンパーオイルに混ざった空気が気圧差で強制的に抜かれると言う仕掛けになってます。



【使い方】

@ダンパーのセット

ダンパーオイルを入れたダンパー(キャップは外した状態)を、リムーバーの容器にセットします。

容器の中にはダンパーを立てるスタンドが入っていますが、これを使うと1/5RCのダンパーは1本しかセットできません。





スタンドを取り払って、ダンパーをそのまま容器の中に立て掛ければ複数本セットできます。

※ポルシェのリヤ等のシャフトが長いタイプのダンパーはそのままではセットできませんが、シャフトを縮めてあげると可能です。





ダンパーをセットしたら、容器の蓋(透明)を被せます。

Aエア抜き

容器の蓋の天にピストンを垂直にセットし、中の空気を排出するためにピストンを「シュコシュコ」と上下させます。

上下させる回数は、大体10回ぐらいで良いと思います。





あまり多く行うと、真空度が高まりすぎてダンパーのOリングに付いている空気がダンパーオイルの中に入ってくるので注意が必要です。

「シュコシュコ」やっていると、ダンパーオイルから「ブシュブシュ」っと泡が立ってきて、エアが抜けていくのが面白いように判ります。
この瞬間が快感〜ん、って感じで溜まらんです。(^_^;)





B蓋の取り外し

泡が出なくなった事を確認し、容器の蓋の天にあるボタンを押します。
すると、「プシュッ」と音がして容器の中に空気が一気に入り、これで蓋が取れますので、ダンパーにキャップを取り付けて終わりです。







と言う訳で、1/10用のリムーバーが1/5でも使用可能なことが判りました。

これで、何かと慌しい予選の合間や決勝前の最終準備の時にも、ささっとダンパーオイルの交換ができますね。

って、きっとまた面倒臭くて↑やらないんだろうなぁ・・・ > 自分  (^_^;)

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
大きさも手ごろでいいですね。
私も買ってこよう・・・まさか切子ガラスじゃないよね?
I藤
2006/09/05 13:22
I藤さんへ

>私も買ってこよう・・・まさか切子ガラスじゃないよね?

う〜ん、この値段で切子は無理ですねぇ。
インプレ待ってます。

ではでは
キーマック
2006/09/05 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 ダンパーのエア抜きの方法 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる