スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 F1用タイヤの再生方法

<<   作成日時 : 2007/11/21 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 6

1/5も1/10も1/8も、やっぱりRCってタイヤが一番の消耗品ですよね。
磨り減ったタイヤが再生できたら、どんなに嬉しいことか・・・
って、F1用タイヤは再生ができるそうで〜す!



【準備するもの】

じゃぁ〜ん!
これ↓が、タイヤを再生してくれる「タイヤ・トレッド・カッター」です。

なんだかGunみたいで、非常に頼もしい形をした工具ですね。





この工具を使うと磨り減ったタイヤに溝を掘ることができ、新品とまでは行きませんが、グリップがかなり回復してくれました。
練習走行には、再生溝タイヤで十分に楽しめます。

GRP製のF1用タイヤの場合、
新品→(磨り減る)溝堀り(磨り減る)溝堀り→(磨り減る)
ってな感じで、再生が2回・・・つまり3倍の寿命で使えるそうです。

電源はAC100Vなので、かなり先端が熱くなると思ったのですが、意外や40度強でした。






【使い方】

@マーキング

溝の位置を間違えないように、タイヤを回しながらマジックで印を付けます。
溝が少しでも残っていたら位置は判るので、その場合は不要です。





A溝のカット

タイヤをマシンに取り付け、赤矢印方向にタイヤを回しながら先端をタイヤに押し当てていきます。

すると・・・





ニョロニュロと、ソーメンのようにトレッドが切れていきます。

快感〜ん! (^_^;)





これを溝の数だけ繰り返して出来上がり!
簡単ですね。





新品タイヤと再生タイヤを比べてみると、このとおり↓。

どちらが再生タイヤか判りますか?





正解は左で〜す。



と言う訳で、一粒で3度おいしいF1タイヤの再生術でした。

溝が掘られるとトレッドが柔らかくなり、熱が加わりやすくなるのでグリップが回復するそうです。

情報提供は「まっさん」、撮影協力は「S我さん・Ohkichanさん・Pika酎さん」でした。
ありがとうございました〜。 > みなさん

早速、「タイヤ・トレッド・カッター」を買いに行かなきゃ!
って、その前に身近で誰か持ってないかな? (^_^;)

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
す・素晴らしい!!!
カタログでは見たことがありましたが、こんなに綺麗に彫れるとは!

レインタイヤも作れそうですね…タイヤカットサービスとか始まらないかなぁ
ネモ
2007/11/21 05:10
いいでしょ。
再生タイヤは練習だけじゃなく、レースでも使ってますよ。

そうそう、保管時はWD40(556でもいいかも?)を吹き付けてラップでくるんでおくと青光りしないで1ヵ月後でも気持ちよく使えますよ。

もちろんツーリング用タイヤでも同じですね
まっさん
2007/11/21 14:53
ええなぁ・・・ヨダレが^^;
タイヤ保管には、GOGOシックスよりもWD40の方が良いみたいです。
556は樹脂部品の劣化防止にグッド!!
やまくに
2007/11/21 16:29
ネモさんへ

お久しぶりで〜す。

>タイヤカットサービスとか始まらないかなぁ

サービスが始まったら、そのうち昇竜とか「命」って文字彫りが始まったりして・・・
って、これは違う「彫り物」か・・・(^_^;)

ではでは
キーマック
2007/11/21 22:36
まっさんへ

>保管時はWD40(556でもいいかも?)を吹き付けてラップでくるんでおくと青光りしないで1ヵ月後でも気持ちよく使えますよ。

おお〜っ、そうだったんですか!
これで、あの青光りともおさらばできる。
実はあの「青光り」が、以前からなんだか気持ち悪かったんですよね。

ありがとうございました〜。

ではでは
キーマック
2007/11/21 22:39
やまくにさんへ

>556は樹脂部品の劣化防止にグッド!!

って事は、タイヤにWD40吹きかけて、ホイールには556を付けてラップで包めばいいって訳ですね。

成る程! これまた、ありがとうございました〜。

ではでは
キーマック
2007/11/21 22:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 F1用タイヤの再生方法 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる