スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紹介】 2009年のF1

<<   作成日時 : 2008/11/25 20:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

どひゃ〜!
F1がまるでゴーカートみたいになっちゃったぁ・・・

来年のレギュレーション(ダウンフォース50%ダウン)に合わせたBMWザウバーですが、迫力のあったリアビューが小さくなったウィングで台無し・・・





変わってフロントには巨大なウィングが装着されてます。





真正面から見るとその幅広さが良〜く判ります。
いやはや・・・





幸いに横から見るとあまり目立たないようですが、いかんせんリアのウィングが小さすぎですね。
なんとかレギュレーションの目をかいくぐってでも、カッコ良くしてもらいたいものです。





とは言え、仮にこれが1/5RC−F1のボディとしてモデル化されても、ちょっと購買意欲が削がれちゃいますね。
と言う訳で、過去のいろんな独創的なマシンをピックアップしてみました。



●ウィングカー

名前は判りませんが、最初にウィングを装着したマシン↓らしいです。
デカっ!
これは効きそうでね。





これがモデル化されても、ちょっと持ち運びが辛い!? (笑)



●マーチ711

うっ! なんとコメントしたら良いことか・・・
空力に対する過渡期だったんですね。






●ブラバムBT46B

これは後部に設置した換気扇でマシン下の空気を吸出し、ダウンフォースを稼ぐ方式のマシンです。





その換気扇がこれ↓
う〜ん、こう言う奇抜なアイデア大好きです。






●アロウズA2

ボディ全体を1枚のウィングに見立てたマシンです。
こう言う風に綺麗にアイデアをまとめたものって、好感が持てますね。





これならモデル化を望みますね。
フロントにウィングを付ければ、往年のベンチュリーカーが再現できる!?



●リジェJS2

う〜ん、枚数増やせば・・・って、ものでも・・・(^_^;)
かなりアンダーステアなマシンができそうです。






●ティレル025

Xウィングと名付けられたサイドウィングです。
F1と言うよりは、チョッパーって感じですね。





これなら現在のボディにXウィングを付ければ製作可能ですが・・・きっとやらないだろうなぁ・・・(^_^;)



●ウィリアムズFW26

「セイウチ」とあだ名を付けられたウィリアムズ・マシン。
実は結構気に入ってました。
モデル化を希望で〜す。






●ホンダRA108

ノーズにも、センターにも、そしてサイドポッドにも・・・
考えられるものは何でも!って感じですね。(^_^;)






と言う訳で、2009年は「ダウンフォースの低減」「スリックタイヤ」「KERS(プリウスのような電気回収/利用装置)」と言った大掛かりなレギュレーション変更があるので、ある意味ショッキングなマシンが出てきそうです。





目が慣れるのが早いか!? それともレギュの目をくぐってカッコいいマシンが出てくるのが早いか!?
勿論、後者を望みま〜す。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【紹介】 2009年のF1 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる