スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 受信機用バッテリーの作り方

<<   作成日時 : 2009/02/11 15:20   >>

トラックバック 0 / コメント 4

受信機用バッテリーが逝ってしまったので、EP(電動RC)用バッテリーを使って自作してみました。
最近はLi−PoやA123等多くの種類のバッテリーが出回ってますが、安価で大容量のニッケル水素バッテリーで作ってみました。

EP用バッテリーは6個のセル(電池)から構成(1.2V×6本=7.2V)されているので、受信機用として使うためには1個取り外して5個のセル(1.2V×5本=6.0V)にします。

【用意するもの (左から)】

画像


@ニッケル水素バッテリー

 「ストレートパック」(6個のセルが3個づつ2列に並んでいる)と呼ばれるEP用の定番バッテリーです。
 容量は3300mAhで2000円台! 安い!
 最近は5400mAhのものが5000円ぐらいで売ってます。
 これなら耐久レースでも、バッテリー一本で大丈夫かも!?

A収縮チューブ

 熱を加えると縮むチューブで、バッテリー用のものです。

Bコネクター類

 受信機とバッテリーを接続するための、FGタイプ・コネクターとケーブルです。
 お使いのコネクター形状に合わせて購入してください。



【製作方法】

@セルの取り外し

「ストレートパック」のバッテリーは周りをビニールパックされ、バッテリー全体が強固なものに仕上げてあります。
可能な限りこのビニールパックを活用し、できるだけバッテリー全体の剛性を落とさないようにします。

1個のセルを取り外すため、必要最小限のビニールパックをカットします。(赤矢印

画像


カットしたビニールパックを取り外すと、下図のようにセルが現れます。

画像


現れたセルに接続してあるコードを、半田ゴテで外します。

画像


コードを外したセルを、ゆっくりとむしり取ります。

画像


セルとセルの間には薄い金属板が入っていますが、比較的簡単に剥がせます。

画像


A結線

新たに現れたセルに、先ほど外したコードをハンダ付けします。

画像


セルの金属部分にはハンダが乗りにくいので、ペーストを使うと綺麗に接続できます。

画像


FGタイプ・コネクターにコードをハンダで結線し、

画像


極性を間違えないように、これをバッテリーにハンダ付けします。

画像


Bパッキング

グラステープ(ビニールテープでも可)を使って、ハンダ付けした部分やコードの余分な部分に巻き付けます。
コードが引っ張られても、ハンダ付けした箇所に力が加わらないようにするのがコツです。
ここでは見栄えは関係ありません。

画像


バッテリー全体に「収縮チューブ」を被せます。

画像


この時、バッテリーのお尻の部分は5mm程度「収縮チューブ」をはみ出させ(赤矢印)、

画像


この部分をドライヤーで暖めます。
すると、お尻の部分が綺麗に仕上がり、且つ「収縮チューブ」が外れにくくなります。

画像


後は、お尻から頭(コードが付いている方)の方へ(赤矢印)順に暖めていくと、

画像


「収縮チューブ」がピッタリとバッテリーに巻きついて、ガッチリとしたバッテリーが完成です。

画像


Cバッテリーホルダーへの取り付け

グラステープでバッテリーをホルダーへ巻き付けます。(3箇所ぐらい)
充放電用のコネクター(白のタミヤコネクター)は、少しでも埃や水分が入らないように進行方向と逆向きにします。

画像



と言う訳で、安価で大容量のバッテリー製作方法の紹介でした。
これでサーキットに行っても途中で追い充電する事無く、長時間遊べますね。

ちょっと古いですが、バッテリーの慣らしや充放電方法の詳細はこちらを参考にして下さい。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
私も実は最近ニッケル水素のバラセルを買ってきて作ったんです。
でも電気オタクの私としては最近話題のLI-FEがとても気になって、タミヤのLI-FEが発売されたら買ってしまいました。
最近のニッケル水素バッテリーは容量が大きくなったため、重量がかなり重くなってます。もともと重たいゴイチには関係ないんですが、プラ製のバッテリーホルダーがしなるようになり、よく地面にバッテリーを擦ってました。
この前LI-FEで走らせたところ、底づきはなくいい感じでした。
バッテリーで速くなれたらいいんですが、そう甘くはないですね
プラス2
2009/02/11 22:17
そろそろ、バッテリーの変え買え時かな?と考えていたいたら、
なんとまぁ! グッドタイミングなネタ! \(~o~)/

『バッテリーの慣らしや充放電方法の詳細』も再度、読ませて貰います。
ミネイブン
2009/02/12 23:29
プラス2さんへ

お久しぶりで〜す。

>私も実は最近ニッケル水素のバラセルを買ってきて作ったんです。

バラセルから作ったんですね。
「電気オタク」ならではですね。
私はハンダ付けが大の苦手なので、形に拘らず簡単なストレートパックを流用しました。

>プラ製のバッテリーホルダーがしなるようになり、よく地面にバッテリーを擦ってました。

今の大容量はそんなに重いんですか!
今まで耐久の時は2本積みしてました・・・

>バッテリーで速くなれたらいいんですが、そう甘くはないですね

う〜ん、EPなら速くなれますが・・・
でも、高い物やいい物を付けても、なかなか速くならないところが面白いところかも知れませんね。

ではでは
キーマック
2009/02/12 23:31
ミネイブンさんへ

>そろそろ、バッテリーの変え買え時かな?と考えていたいたら、
>なんとまぁ! グッドタイミングなネタ! \(~o~)/

おお〜っ、そうですか!
お役に立てて良かったです。

>『バッテリーの慣らしや充放電方法の詳細』も再度、読ませて貰います。

自分が書いた記事は恥ずかしくて読み返す気がしないですが、そちらもお役に立てれば何よりです。

ではでは
キーマック
2009/02/12 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 受信機用バッテリーの作り方 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる