スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【U日記】 (8) ロール・ステアー編

<<   作成日時 : 2009/07/25 14:03   >>

トラックバック 0 / コメント 2

皆さん、夏バテせずに元気にRCやってますか〜っ?
暑さに負けずいつも元気一杯のU島さんが、「ロールステアー」についてレポートしてくれました。
それでは、お願いしま〜す。



【テーマ】

今回は「ロールステアー」のお話です。
FGカップに向けてエコンペからエコに戻してテスト走行した時に、軽い気持ちでテストした結果を報告します。

予想通りの結果ではありましたが予想以上に変化が大きくて、コンペも含めて何か変化を期待したいときの味付けにおもしろいかも。


【ロールステアーとは】

フロントはナックル(アップライト)をステアリングタイロッドで動かして舵角を与えていますが、その時は当然コーナーリングの仕事をしているわけで同時にロールも発生します。

この時タイロッドは上下に可動するので、その円周方向の動きでタイヤのトー値が変化します。
プロポで舵角が一定でもトーは変化しています、これがロールステアーです。

●タイロッドが前から見て「万歳」または「逆ハの字」―――バンプアウトに変化



●タイロッドが前から見て「ハの字」―――バンプインに変化



テストでは簡便にできる事からタイロッドエンドをナックルステアリングアームの「上」取り付け、「下」取り付けで走行フィールを評価しました、サーボセーバー側のステアリングアームでも変更可能なのでシム調整も含めるとかなりの調整量があります。


【結論】

●バンプアウト

これは通常のセット、コーナーリングでロールが大きくなると外側タイヤがトーアウトに変化します、変化量の大きさによりますが基本的にはアンダーになります。

※キーマック
 タイロッド(黄色)がナックル(緑矢印)の上に取り付けられ、コーナーでサスが沈むとタイヤが外側(赤矢印)に動く、つまりステアリングを戻すような状態になるって事ですね。



●バンプイン

この手のセットはあまり見ませんがコーナーリングで外側タイヤがトーインに変化します、インフィールド曲がりすぎ、右バンクはフロントがインに食い込んで一気にリバースステアー(マキマキ)になってこのままではうまく走らせることはできません。

※キーマック
 タイロッド(黄色)がナックル(緑矢印)の下に取り付けられ、コーナーでサスが沈むとタイヤが内側(赤矢印)に動く、つまりステアリングを切り足すような状態になるって事ですね。




テストはこの1回だけでしたが、成果はこのロールステアーが「体感」できるほど顕著に出たことです。
これは1/5スケールはその重量とサスストロークの大きさからトー変化の影響が出やすいものと考えられます。

今回は変化を大きくつけた結果、その差が大きく出ましたが変化量を小さく変化させれば好みに合ったセットができるような気がしました。

ケイチューン
 ひょっとしたら右、左でトー変化量を変えるのも有りかも知れません。
ホクセイ
 今よりも変化をイン側にふれば操縦性が変わる気もします。

もちろん、アッカーマンやキャスターとの相関があるので簡単に決まるものではありませんが「あと少し!」と言う時にはいい調味料になる気がします。

RS5のようにリヤーに似たようなトーコントロールが付いている場合もコンセプトは同じだと理解しています。

なおこのロールステアーはタイロッドの位置関係だけでなく、
 ・サスアームのコンプライアンス(取り付け部の固さ、ガタなど)
 ・タイロッドの剛性
 ・がた
 ・サーボセーバーの強さ
などからも影響を受けますので、トータルで考える必要があります。

もう少し煮詰めていい結果が出たらまた報告します。


【実車の例】

参考までに実車の事例を添付します。
ホンダシビックのリヤーサスです。



ブレーキング時に路面からの応力を受けた場合にも、より安定するトーイン性能(タイヤが内側に向くこと)を発揮するよう、リアクティブリンクを採用。

ブレーキング時に適切にたわむことで、前方のアーム取付部がトーイン方向に引き寄せられます。
さらに各アームやブッシュなどの高剛性化を図ることで、しっかりと安定したリア接地点剛性を確保しています。



と言う訳で、効果絶大の「ロール・ステアー」のテスト・レポートでした。
ありがとうございました〜。 > U島さん

前回のアッカーマンも今回のロール・ステアーも、サス・セッティングの「最後の調味料」的なものと思います。
そんな細かい調整に入って来ていると言う事は、それだけU島さんのセットが完璧に近づいて来たことの証でしょうね。

う〜ん、恐るべしU島さん。
もっと練習しに行かなければ・・・

参考にさせてもらいま〜す。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
RS5のリアアップライトもそうですが、新しいfgF1のリアアップライトも同様な構想のようですよね。F1のアッパーアームビポットの延長プレートはダンプ時にトーアウト方向に変化する設定に見えます。U島さんとも会話しましたが、35年前の話ですがA12を搭載のTOMEIサニーは、リアリーフスプリングとシャックルの関係でダンプ時アウト変化でした。
I澤
2009/07/28 10:02
I澤さんへ

>F1のアッパーアームビポットの延長プレートはダンプ時にトーアウト方向に変化する設定に見えます。

成る程・・・って、トー「アウト」方向ですか!
う〜ん、それだけリアグリップが高いって事ですかね?

>35年前の話ですがA12を搭載のTOMEIサニーは、リアリーフスプリングとシャックルの関係でダンプ時アウト変化でした。

この話、聞いた事あります。
しかし「TOMEIサニー」・・・懐かしいですね。
って、もう35年も前の事ですか・・・いやはや

ではでは
キーマック
2009/07/28 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
【U日記】 (8) ロール・ステアー編  スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる