スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【小技】 ブレーキケーブルマウントの位置変更

<<   作成日時 : 2009/11/23 14:42   >>

トラックバック 0 / コメント 2

FGエコの場合、フロントにワイヤー式ディスクブレーキが付いてます。
これを油圧式の絶妙なブレーキタッチに近づけるための大技を教えてもらいましたので紹介します。
なんと鍵は「ブレーキケーブルマウント」(赤矢印)にあった様です!

画像



【改良点】

ブレーキサーボの位置に対して、ケーブルマウントはかなり高い位置に取り付けてあります。
サーボはシャーシに平行に動作(赤矢印)するのですが、上記の高低差によってサーボは斜め(青字)にブレーキロッド(ワイヤー)を引く事になります。

画像


この事によって生じる
 ・ワイヤーの摩擦抵抗
 ・サーボの負荷
を低減する事で、フロントブレーキをスムーズに操作&サーボの長寿命化が図れるそうです。

そのやり方とは、ずばり、「ブレーキケーブルマウント」の取付け位置を下げる事で、見事にブレーキロッドやワイヤーの位置が下がっている(赤矢印)のが判ります。

画像



【製作方法】

@ブレーキケーブルマウントの取付け

ブレーキロッド(黄矢印)やブレーキワイヤーが
 ・サーボと同じ高さ
 ・シャーシと平行
になるように、バルクヘッド内側の斜めの部分(赤矢印)を5mm程削ってマウント位置を決めます。

画像


Aケーブル用の穴開け

マウントの位置に合わせて、ブレーキロッドとブレーキワイヤー(2本)が貫通する穴(3個)をバルクヘッドに開けます。
実際には現物合わせしながら、@とAの作業を繰り返して進めていくのかな?

Bマウントの固定

最後は2本のタッピングビス(赤矢印)で、マウントをバルク内側に留めて終了です。

画像



と言う訳で、フロントブレーキをスムーズに動かす為の改造の紹介でした。

この改造は機能の改善のみならず、フロントバルク周りの見た目もスッキリさせてくれますね。

画像


って、この記事をFG社が読んで、次のモデルからこの方式に変わったりして・・・(^_^;)

実にNiceなアイデアです。
I澤さん、ありがとうございました〜。

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
本当にNiceなアイディアですね。
  パドックでフロントプレーキによる
    ねじれをいつも不合理と感じて
      いました。
  このアイディアは、ねじれの軽減にも
    サーボの寿命維持にも
      役立つと思います。
    早速、まねさせていただこうと
      思います。
sato
2009/11/26 21:33
satoさんへ

お久しぶりです。

そう、ノーマルだとブレーキ掛けるとバルクが撓むんですよね。
是非、試してみて下さい。
って、私は未だやってなくて、時間が取れる冬休みの宿題にする予定です。f^_^;)

ではでは
キーマック
2009/11/26 23:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
【小技】 ブレーキケーブルマウントの位置変更 スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる