スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紹介】 壁を走行するマシン

<<   作成日時 : 2008/07/14 21:28   >>

トラックバック 0 / コメント 5

果たして1/5RC「マッハ号」は、空力で天井や壁にへばり付いて走れるのか?
そんな実験が行われ、8月3日(日)16:05にフジTV「とびだせ!空想科学」で放映されるそうです。





実験の模様は、RCワールド8月号でも紹介され、またFORMさんでも除々に紹介されてきてます。





本当に張り付いて走れるのかなぁ?本当に走って欲しいなぁ。

先日ファクトリーに行ったら、撮影で使われたマッハ号が置いてあったので紹介します。



【フロント】

でっけぇ〜!
強大なダウンフォースを生むためか、フロントには驚きの大きさのウィングが付いてました。





このウィングはカーボン製で、持ってみると軽いっ!
断面はウィング状になってます・・・って、当たり前か。(^_^;)





発生した強大なダウンフォースをシャーシに伝えるのが、これまた巨大なウィングマウントです。
前方にぐぅ〜っと長く伸びた2本のステーも、そして台座も全てこれまたカーボン製でした。





ウィング下面はフラットな形になっていて、空気の流れを乱さないようになってます。
う〜ん、こりゃ本格的と言うか、ここまで来ると実車と変わらないですね。






【シャーシ】

シャーシもメカデッキも、全ては軽量化のためにカーボン製です。
サーボの上の台は、撮影用のビデオ設置台だと思います。

エアクリーナーが異様に小さいけど、これって専用品なのかな?





NEXTチューンが施された26ccエンジンからの排気は、チューンドパイプを通ってボディ側面からの排気になってます。






【リア】

リアから見る限り、ベース車両は03コンペみたいですね。
ドライブシャフトのゴム・ブーツが装着されてないけど、これも少しでも抵抗を無くすための工夫でしょうか。

因みに、エンジンのスタートはリコイルではなく、側面から専用の電動ドリルで始動するらしいです。





リア周りを下から見ると、完全にフラット化されているのが判ります。
徹底してますねぇ!





ボディを被せると、巨大な垂直フィンと相まって1/5RCとは思えないぐらいの迫力を醸し出してます。






と言う訳で、偶然にもTV撮影中に見かけたマッハ号の雄姿でした。

カウルの一部がこんな風↓になってましたが、それだけ激しい実験だったと言う証でしょう。
8月3日が楽しみです。





そもそもRCって壁を走れるのか?
そもそもRCってどのくらいの速さで走れるのか?

って思っていたら、なんと! 
 ・壁を走るRCが製品化され、
 ・驚きの速さで走るRC

がいましたので紹介しま〜す!!



【壁を走るRC】

壁を走るRCとは、タカラトミーから発売予定の赤外線コントロールマシン「エアロスパイダー」です。

百聞は一見にしかず、先ずはその衝撃的な走行シーンをどうぞ。↓



どひゃ〜、まるでゴキ○リの様な走り方!
しかし、確実に壁を走行してます。天井だってへっちゃらです。

マシンを見てみると、ルーフ部分のファンが回って





底面から空気を吸い上げ、その時の負圧で壁にへばり付いている様です。

う〜ん、まさに空力の成し得る技!





現在は予約で一杯の状況らしく、発売されたらこのエアロスパイダーは、大ブレイクになりそうな予感です。
そして、コースが壁や天井に作られるようになると、サーキットの概念が変わりそうです。(^_^;)



【怒涛の速さのRC : 直線編】

お次は驚きの速さのRCです。

こちらも先ずは走行シーンをどうぞ。↓



時速215kmですよっ!
イェ〜、ベイビー! イェ〜、ベイビー!

この場面にピッタリな言葉ですね。 (笑)

因みにマシンはTC3で、29.6ボルトのバッテリーとブラシレスモーターを組み合わせてあるそうです。
驚き!





【怒涛の速さのRC : サーキット編】

直線番長だけじゃ「真に速い」と言えないので(ナンノコッチャ?)、最後は実車とのサーキット対決です。
モンスターなMINI−GPと1/10電動RCはどちらが速いのか!?
結果は如何に!?

最後に大逆転がある!とだけ言っておきましょう。(笑)


※対決は2分43秒のところから始まります。



と言う訳で、俄然、マッハ号の天井走りが現実味を帯びてきた感じです。

みんなで8月3日を期待しましょう!

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
少し前に、S藤さんがFGベースで新たな
 チャレンジをされている噂は聞いていましたが
  現物をみると、夢がふくらみ、ワクワクします。

キーマックさんの紹介で、ますます
 8月3日(日)の放映が楽しみになりました。
   
 
sato
2008/07/16 18:23
satoさんへ

>現物をみると、夢がふくらみ、ワクワクします。

いやぁホントに、現物を見るとワクワクしますね。
ホントに天井を走るのか!?

>キーマックさんの紹介で、ますます
> 8月3日(日)の放映が楽しみになりました。

すいませ〜ん、私は録画予約を忘れそうなので、ダビングお願いしま〜す。(^_^;)

ではでは
キーマック
2008/07/16 21:25
こんばんは!
相変わらずいつも斬新で凄いネタを届けて頂き、感謝しておりますよぉ〜!

「夢物語」だった事が、次々と現実になりつつあり人間の知恵と欲には
際限が無い事を知らされますね・・

最終的にはRC競技も1台の車両で、陸・海・空の「トライアスロン」競技
みたいになるのかしらん・・?
呑んべぇ
2008/07/17 03:04
呑んべぇさんへ

>感謝しておりますよぉ〜!

ありがとうございま〜す。
呑んべぇさんのブログも、いつも楽しみにしてますよ〜。

>「夢物語」だった事が、次々と現実になりつつあり人間の知恵と欲には
際限が無い事を知らされますね・・

確かにそうですね。
人間の欲・・・不平不満が人間の進化の原動力かも知れませんね。

>最終的にはRC競技も1台の車両で、陸・海・空の「トライアスロン」競技
>みたいになるのかしらん・・?

って事は、10年ぐらい経ったらサーキットで、
「ストレート・エンドでの着陸が難しいなぁ」とか、
「右インフィールドの池への突っ込みで深く潜りすぎちゃう」とか
「ショートストレート入り口のループで、ダウンフォースが足りないなぁ」
なんて会話が交わされるようになるんですかね。(^_^;)

ではでは
キーマック
2008/07/17 22:32
TVカメラが10台まわってる中でのラジコン。正体がなくなるぐらいテンション上がりました(わらい)
さいとう
2008/07/22 01:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【紹介】 壁を走行するマシン スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる