スケールな生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 【U日記】 (10) 加速ポンプ外しキャブ編

<<   作成日時 : 2009/09/29 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 6

数年前にケイチューンで初めてU島さんにお会いした時、「ブログ見てるよ。加速ポンプ付キャブの記事の続編楽しみにしてるよ。」と声を掛けてもらいました。
その時は既に同キャブは手に負えないと判断してたので、只々笑ってごまかしてたのを思い出しました。(^_^;)
そして、なんとその続編をU島さん自らがレポートしてくれましたので紹介しま〜す。
ありがとうございました〜。 > U島さん。




【テーマ】

「加速ポンプ付キャブ」、響きがいいしいかにも加速が良くなりそうなキャブです。
2年ほど前くらいにオプション販売されたり、240に標準でついてきたりしました。

私も使ったことがありますがニードルだしが出来ずに、ジャンクボックスに眠っていました。
けっこうたくさんの人が同じような状況だったのではないでしょうか?

最近時、このキャブの改造使用方法を聞いたので情報シェアします。
すでに実践済みの方、あるいはこのキャブを充分に使いこなしている方もおられるかもしれませんが、多くの人には参考になるかもしれません。

また、今回は「禁断のI式キャブ調整」でテストしてきた中身も公開します。

ポンプ付きは加速時にポンプでガスを強制的に入れてきますが、230ではえてしてかぶり気味になってしまってそのままジャンクボックスに入ってしまう事があります。


【改造手順】

(1) 「ポンプ付きキャブ」と「ポンプなしキャブのスロットルシャフト」を用意します。
シャフトは部品で購入もできますし、ガタが少なければ古いキャブから外してもOK。



(2) リターンスプリングの引っかけ、スロットルレバー、スロットルバルブ(丸い円盤)、シャフトのEクリップを外します。
ビスはインチサイズですので無くさないように!
また、ビスを外すときはねじロックが付いているので、ねじまわしをよ〜く押しつけて緩めてください。

※重要
円盤を外すときは円盤(裏表有り)、キャブBodyそれぞれにマーカーで「合わせマーク」をつけておくことをお勧めします。最後の組み立てで楽になります。




(3) 次にポンプ付きキャブのスロットルシャフトをキャブBodyから抜きます。
初期は固いかも知れませんが、プラハンマーで軽くコンコンとすれば外れます。

シャフトを外すとポンプ作動用のボールが出てきますので、転がしてなくさないように!
ボールの下にはプランジャーが見えます



外したシャフトはこんな感じ↓です。
上がノーマル用、下がポンプ付きでボールの入るえぐりが付いています。



(4) ノーマルシャフトをキャブBodyに挿入します。
この時ポンプ作動用のボールを元に戻して(プランジャーの上にのっけて)からシャフトを貫通させます。
プランジャー下にはスプリングが入っているので、ボールを下に押しながらシャフトを入れます。

(5) リターン用のスプリングをひっかけて、最後にスロットルレバー、Eクリップ、スロットルバルブ(円盤)とをつけて完成です。
この時円盤の向きに注意!
2個のビスは確実にねじロックをつけてしっかりとしたトルクで締め付けてください。

※重要
円盤のビスは外れるとエンジンに吸い込まれて確実にエンジンが逝きますので、ある程度の走行ごとにトルクを確認することをお勧めします。また、このビスはオーバートルクでねじ切れやすいので注意が必要です。


(6) オプションでスローニードルを交換するアイデアもあります。
次の写真でわかりますが、ノーマルキャブとポンプ付きではニードルのテーパー角が違っています。

左がノーマル、右がポンプ付きです。
ノーマルの方が微調整が効きそうですが、私はよく分からないのが本音です。



エコとコンペでこのポンプ外しキャブを使っていますが、気のせいか調整が楽でよく回っている感じがしています。
以前のエコはその日によってニードルが変わったり、走り出すと調整が変わったり、ヒートしたりと難しさを感じていましたが、このキャブにしてからは結構楽をしています。
(ちなみにエコはポンプ付きキャブのスローニードルをそのまま使っています)



【禁断のI式キャブ調整】

難しいことはなく、リンケージ調整をきちんと合わせた(きちんと全開になるように)のち、プロポ側でスロットルEPAを7〜10%落としてやります。(赤矢印部分を数ミリ開ける)



邪道かもしれませんが、10プレートを付けて排気が狭いのにいくら吸わしても消化不良になる気がするので、私はEPAを108→100に落として壊れそうなくらいまわります。
もちろんニードル調整をまず優先でやってからの「最後の手」です。 

では楽しんでください


と言う訳で、U島さんのお陰で「加速ポンプ付キャブレター」のレポートを3年越しで完成させる事ができました。
やっと枕を高くして寝れそうです。(^_^;)

「禁断のI式キャブ調整」も良さそうですね。
これなら私のスタート時の失敗も無くなる!?

ところで、「I式」の「I」とは・・・itoさん?I生さん?・・・
う〜ん、判らない・・・
って、I澤さん、ありがとうございました〜。(笑)

ではでは

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ウェーバーのトリプルチョークキャブの調整でも加速ポンプジェットの調整が一番厄介でした、しかし、きまった時の良さががわすられず、加速ポンプ付きシビレて装着しましたが、ものになりませんでした。どうもヘリ用のキャブみたいですね。ようは、加速ポンプを殺して使うんですね。
かわた
2009/09/30 11:48
アラカンにしか分からない自然吸気キャブ調整の神秘!!
ターボやインジェクションキャブとは違ったデリケートさが楽しいですよね。
30年以上前ですが、ソレックスキャブのジェットを何種類も入れ替えましたが、小さいキャブで小さいジェットが一番快調だったのを思い出します。
I澤
2009/10/01 17:57
私はもっぱらCV4連キャブでした、4連のまま持ち上げて4個の同調をやったり0.1mmきざみのドリルを集めてジェットを削っていました、楽しかったですね。
230のキャブはその4連よりも厄介です
U島
2009/10/01 19:59
かわたさんへ

>どうもヘリ用のキャブみたいですね。

ヘリ用だったんですか!
って、なぜヘリは加速ポンプ付なんですかね?
高高度の低気圧?
トルク重視?

う〜ん、ヘリのエンジンに必要な特性って何なんですかね?
そこらへんにヒントがありそうな気もします・・・

>ようは、加速ポンプを殺して使うんですね。

小耳に挟んだ話によると、ボールを抜くだけでもポンプの働きを止める事ができるとか・・・
今度試してみますね。

ではでは
キーマック
2009/10/02 00:36
I澤さん、U島さんへ

CV、ソレックス、ウェーバー・・・
聞いた事はあるのですが、それらの違いが「若い」私には判りませ〜ん。(^_^;)

って、その内に「230」って何と言う世代が出てくるのかも知れませんね。

ではでは
キーマック
2009/10/02 00:38
キーマックさん
ご無沙汰しています。
キャブレターって奥がとても深いのですね。
私の場合、いきなり「270」でチョーク無だったので
これは楽チンだと思っていました。
ある意味、キャブじゃなくて⇒インジェクションに近い
事をすごく期待してたのですがあらら・・・ですね。

RCヘリに必要なエンジンの特性なのですが、ローター回転が
常に一定(ピッチがゼロでも7〜8度以上でも)トルクの増減があっても
エンジンが一定で回って、絶対エンストしない魔法のエンジンを
期待していました。ガバナーなど使ってみましたが吹け上がるまでの
タイムラグや燃料の液面(満タンと少ない場合)、機体の姿勢など
うまくいきませんでした。YSのスーパーチャージャ付きやIMZの
リードバルブ付きなどパワーはあるのですが、エンジン回転がトルクに
左右されます。(当然ですが・・・、モーターの方がいいかも?)
ヘリの3Dではローター回転を機体の破損ギリギリまでエンジンをぶん回して、ピッチ変化のトルクや風圧などものともせず、の状態のようです。
そのために、エンジンの排気量が大きくなって行ったようです。10年ぐらい前の機体=60が今は90ですもの。
あっ・・・ごめんなさい。長くなってしまいました。
明後日、カレラカップお邪魔しますがよろしくお願いします。
また、いろいろ教えて下さい。





ダークホースS枝
2009/10/03 01:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
【U日記】 (10) 加速ポンプ外しキャブ編  スケールな生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる